​目的とベネフィット 

映画で語る目的

Purpose #1

『世界への好奇心』を高める

映画等を観て、語ることで、

  • 社会の問題やニーズ、トレンドなど、現在の世相を感じる。

  • 世の中は常に変わる。半歩先の世界を知る、また近未来を想像する。

  • 人間の好みや関心も常に変わる。好奇心は人間のその気・やる気の源泉となる。

映画を観て、映画で語ることは、

映画で描かれる世界に対して

自分の感じ方や考え方

そして、『自分自身』を語ること

Purpose #2

自分軸(アンカー)を確立する

ベネフィット

(得られるイイコト) 

Benefit #1

自分の人生だけでは決して得られない
豊富な体験が出来る

(3)越境学習
(自らの職場以外の学びの場)

異業種、違う立場、違う経験の持ち主との語り合いをすることができる。

  • 異業種のつながりができる

  • ​視野が拡がり、多くの視点が持てる

(1)追体験

他人の体験を、作品などを通してたどることによって、自分の体験として、とらえなおすことができる。

<感受性開発>

  • 映画から刺激を深く感じ取り、
    心に受けとめてみる

  • 他人が映画で語る話を聞き、
    心に受けとめてみる

(2)擬似体験

現実に似せた状況(映画の登場人物)に身を置き、 現実に起こりえるであろう感覚を体験する。

<自我関与>

  • もし、自分が登場人物だったらどうした(する)か?

<置き換え>

  • 自分の状況・体験と対比してみる、置き換えてみる

  • 自分の人生問題をシミュレーションする

 

Benefit #2

コミュニケーション・リテラシーが高まる

コミュニケーション・リテラシー…

観る・聴く・読む・感じる・考える・書く・話す

1. 情報リテラシーが向上する

■内容(メッセージ)をつかむ(感じる・考える)

意図・状況・背景・脚本・ストーリー・文脈・登場人物・深層心理等

■コミュニケーションの方法を学ぶ(観る・聴く・読む・書く・話す)

表現力(言語・非言語)・メタファー・映像・音楽・美術などの 表現方法、コミュニーション技法、演出ツール等

2. 思考力(感じる力・考える力)が高まる
  • 立場・観点を整理し、多面度思考 

  • 目的・目標・方針が明確な思考 

  • 全体、両面(表裏)、主流をつかむ思考 

  • 確定的要素、事実から出発する思考 

  • 自分の行動のつながりで具体的に行動する思考 

  • 自我関与・置換思考(自分だったら…。置き換えると)

  • ニュートラル思考

  • 仮説思考(もし…だったら)

城野宏氏の脳力開発の視点 参考

当塾の目的やベネフィット 、講座の流れなどを紹介しています。ぜひご覧ください。

​オンライン

ご質問・お問い合わせや入塾お申し込みはこちら

→お問い合わせフォーム

Copyright© 2020 映画で語るキャリア塾 All Rights Reserved. 

映画で語るキャリア塾