遠慮なく生きる上で大切なこととは?(映画 こんな夜更けにバナナかよ)

自分の力で何とかしようとしてしまう。

出来ないことをなかなか受け入れられない。


人の力を借りたら負けだと思う。


もし、あなたがそんな感覚を1つでも持っているとしたら、 今回の映画を観てみてください。


病気によって、できないことが増えていく男が、 自立生活を維持し続けるために、 積み重ねてきた努力の物語を。


正直、僕はこの映画を観た時に、 主人公の生き方に嫉妬してしまいました。


どうしてこの人には、こんなに人が集まってくるのだろう。 僕だって、誰かに助けてもらいたいし、 力を借りれるなら借りたいと思うのに。と。


何が一体違うのだろう? 同じ境遇にはなれないけれど、

自分に取り入れられるポイントはないのか?


そんな中で、遠慮なく生きる上で大切なことが見えてきた 感覚がありました。

今回は、そんな映画での気づきを皆様にお届けしていきます。


1.映画 こんな夜更けにバナナかよ あらすじは?

この作品は、筋ジストロフィー症と呼ばれる、 筋力が低下していってしまう病にかかった1人の男が主人公です。


20歳まで生きることは難しいかもしれない。

そんな風に言われていた主人公は、 エディという1人のアメリカ人が同じ病気にかかりながら、 自立生活を営んでいることを知り、 自身も同じように、周りの力を借りながら自立生活に 取り組み始めるのでした。


映画ではそんな彼が34歳となり、 病気が進行し、どんどんできることが少なくなり、 命の危険も近づいてきている状況を描いています。


バナナ1つ買いに行くこともできず、 多くのボランティアの力を借りながら生きる主人公。


そんなところに、1人の女の子が転がり込んできます。


何も知らない女の子が、主人公と出会い、 いつの間にかボランティアに巻き込まれてしまうのでした。


わがままを言い続ける主人公に、しびれを切らし、 ぶつかりあうこともありますが、 徐々に分かり合っていくハートフルな物語。


現在AmazonPrimeにて視聴が可能です! www.amazon.co.jp/dp/B07TSTJPVM


2.遠慮なく生きる上で大切なこととは?

主人公のわがままは時に命がけになることもありました。

入院することもできる限り拒否して、 死ぬ直前になるまで、気管切開を拒否する。


当時、気管切開をすれば、話すことはできなくなると 言われていましたが、それでも、話すことを諦めず、 医師の目を盗んで、可能性に挑戦し続ける。


そんな主人公が、自立生活を過ごす中で、 考えていることを女の子と話す中で、 遠慮なく生きる上で大切なことにつながるヒントを 示してくれていました。


障がい者として生まれたのは、親の責任だ。

障がい者を解除するのは家族の責任。

そんな世の中にささやかながら抵抗しているのさ。


そう話す主人公でしたが、本当の思いは、 別のところにあったのでした。


命がけでわがままを言い続けるのはなぜなのか。


これから、この映画を観るあなたもぜひ、 考えてみてください。


そして、遠慮なく生きる上で大切なこと。

そのヒントをつかんでくださいね!


3.最後に

1本の映画との出会いを通して、 自分の生き方を変えていくヒントを得ていく。


何もたくさんのヒントを得る必要はありません。


1本の映画から1つのヒントを得て、 1か月に1度、1つの変化を積み重ねることができれば、 1年で12個。10年経てば、120個の変化が生まれていきます。


こういう部分気になっているんだよね。

ここ、直したいと思っているんだよな。


そんな時にも、ぜひ映画を使ってみてくださいね。


なお、映画で語るキャリア塾では、 現在、映画で語る講座を3週間に1度開講しています!


また、個人的に課題に感じていること、解決したい事に対して、 映画deコーチングを開講していく予定です。


映画を介して、”世界”を”未来”を、そして”自分”を 知って、気づいて、拡げていく。


そんな素敵な映画ライフをお試しくださいね!

現在、映画で語る講座は初回500円で参加できます!

次回は 8月31日(水)20時~22時まで 映画 きっとうまくいく を題材に語り合いますよ。


お申し込みはこちらからどうぞ!

https://www.eigadecareer.online/plans-pricing


それではまた!