第三回 映画で語る講座から見えてきた「可能性を開くもの・閉じるもの」


先日開催された 映画で語る講座 第三回 題材は、映画「ペイ・フォワード~可能の王国~」


この映画は 「世界を変えるために何ができるか。行動してみよう!」


担任のシモネット先生が入学したての中学生たちに投げかけたこの言葉。


これをきっかけに、少年トレバーはあるアイデアを思い浮かべます。


それは、他人から受けた厚意を次の3人に贈るペイ・フォワードという考え方でした。


薬物中毒のホームレスに、食事とお金をあげて、再就職への手助けをする。


そんな、自分の力だけでは乗り越えられない難しいことを手助けするトレバー少年のペイ・フォワード。


あなたは、いいアイデアだと思いますか? それとも、実現するのは難しいと思いますか?


そして、あなた自身はやりたいと思いますか? それとも、やりたくないと思いますか?


今回は、そんな映画で語る講座では、どんな話が出ていたのかを皆さんにもシェアしていきたいと思います。


1.誰の姿が印象に残ったか?

本作で中心的に描かれるのは、トレバー少年と、その母親。

そして、シモネット先生の三人でした。


母親は、アルコール中毒に苦しみ、息子にお酒を飲まないことを約束しながらも、隠れてお酒を飲んでしまう弱さを持った女性でした。


一方、シモネット先生は、教師になる前、全身にやけどを負ってしまう事件の被害者として苦しんでいました。言葉を巧みに操ることで自分を守り、誰かと深く関わらないことで、自分を守ろうとする人でした。


しかし、印象に残った人物を聞くと、主要な登場人物だけではない答えが出てくるのでした。


あなたにとって印象に残る人物は誰になるでしょうか?


ぜひ、この映画を観て確かめてみてくださいね。


2.課題に真摯に向き合う子どもたちの姿勢から考える子どもとの向き合い方


あなたが、中学生の頃。 シモネット先生が提示した課題

「世界を変えるために何ができるか。行動してみよう!」


この課題を目の当たりにした時、どんな事を考えるでしょうか?


無理。難しい。なんで自分がしなくちゃいけないの?


ネガティブな言葉が頭の中を駆け巡った方もいるかもしれませんね。


映画の中でこの課題に相対した子どもたちも同じような反応をしていました。

しかし、そんな子どもたちも、いざ取り組むことになると、様々なアイデアを出してくるのでした。


普段から、中学生と関わる先生方であれば、課題に対し真摯に向き合おうとする子どもたちの姿は不思議に感じない部分もあるかもしれません。


ただ、親子として子どもと関わり観ている人にとって、子どもたちの動きは新鮮そのものでした。


そんな難しいことを考えることができるのか。

私たちが子どもの頃だったらどうだっただろう?


他者との関わりを振り返り、自身に置き換えて考える時間は、 新たな気づきをもたらすいい時間に繋がっていました。


3.私たちの可能性を開くものと閉じるものは何か?


トレバー少年が始めた「ペイ・フォワード」という考え方。

これに触れた大人たちは、少なからず影響を受け、変化していきました。


もちろん、全員が全員「ペイ・フォワード」を実践出来たわけでもありませんでした。

実践する人とそうでない人。

可能性を開く存在と閉じる存在との間にはどんな差があるのか。


自分自身の考え方の癖としてどういう在り方があるのかを振り返る時間となりました。


いぬい氏としては、「行動」によって可能性を開き、 「臆病さ」によって閉じると考えていました。


こうした考えの源泉にあるのは、 飛び込んでみたことが結果的に良かったという経験を積み重ねてきたからだと考えています。


そして、お金や距離を理由に飛び込まなかったことで、いつまでも後悔し続ける経験も積み重ねてきているからだと考えています。


あなたにとっての答えは、僕と同じかもしれませんし、違うことの方が多いと思います。


ぜひ、あなたにとって「可能性を開くもの(考え方)」と「可能性を閉じるもの(考え方)」を考えてみてくださいね。

映画 ペイ・フォワード AmazonPrimeはこちらからどうぞ!

www.amazon.co.jp/dp/B00GM44H84


4.最後に


映画で語る講座では、3週間に1度、 様々なテーマで、語り合う中で、 自分の考え方の癖に気付き、 よりよい生き方・働き方の実現に向けて、 対話を通して考えていく時間を持っています。


1人で考えるよりもたくさんのことを考え、 気づくことができることは間違いありません。


映画という他者の生き方をヒントにするだけでなく、 同じ経験をした人のとらえ方もこれからの生き方のヒントにすることで、 自分がありたい姿をより具体的に見つけ、 実現に向かって走っていくことができると考えています。


次回は7月20日(水)20時~ 題材は 「5%の奇跡~ウソから始まる素敵な人生~」です!

AmazonPrimeのリンクはこちらからどうぞ! http://www.amazon.co.jp/dp/B07DHFS6Y8


なお、初回は500円で参加できるキャンペーンも実施しています。

ぜひ、一度、私たちと一緒に映画で学んでみてくださいね! (プログラムの詳細が気になった方は、下記リンクよりご覧くださいね!) https://www.eigadecareer.online/work-life-style


それではまた!