top of page

信念を貫くために必要な「挑戦」と「リスク」との付き合い方

あなたにとって譲れない一線はありませんか?

・勝負事には絶対に負けたくない。 ・この交渉を有利に進めないと、自分たちの立場が大きく不利になる。 ・夢だと思っていた舞台へあと一歩という時に、大きな試練がやってきた。


様々な場面において、譲れないポイントは現れることともいます。

そんな時に、ふとこんなことを考えることはありませんか?


「うまくいったらこうなると思う。けれど、うまくいかなかったら…。」


こういう時に、明快に答えを出し、次々と進んでいくことができる人は、 これまで通り、意思決定の速さを活かしてどんどん進んでください。


ですが、もしこういう時に、「うっ。」と悩んでしまい、立ち止まってしまうことが長くなる人は、今回の作品を観て、考えてみるといいですよ。


第二次世界大戦中にイギリスの首相に任命された男。

ウィンストンチャーチルの物語をぜひ。


それでは早速紹介に参りましょう。


1.映画 ウィンストンチャーチル ヒトラーから世界を救った男 あらすじは?

第二次世界大戦より前に、ガリポリの戦いで多くの犠牲者を出し周囲の議員たちからも疎まれていた男がいた。


ウィンストンチャーチル。彼はいつでも酒を飲み、 大きなものに与しない態度をとりながら、 議員として議会に参加していた。


そんなある時、前任の首相が、第二次世界大戦の対応を巡って辞職。

野党の協力と納得が得られる唯一の人物として、ウィンストンが首相に 選ばれることになった。


しかし、任命された時には国王にすら煙たがられ、 内閣には政敵を置かないと維持できない状況。


そんな中、ヒトラー率いるナチスドイツと向き合い、 弱気になる議員や、周辺各国の考えとは裏腹に自身の考えを貫こうとするウィンストン。


一歩間違えれば首相を辞任するリスクをはらみながら それでも戦局を分析し、冷静に相対し事態の打開に向けて動く一人の男とその家族の物語。


現在AmazonPrimeにて視聴が可能です! www.amazon.co.jp/dp/B07FMJQ1ZY


2.この映画の見どころ 「信念を貫くために必要な挑戦とリスクとの付き合い方」とは?


首相になったものの誰からも歓迎されないウィンストンは、 自身の周囲に政敵を固め、内閣に仲間入りした議員たちから批判を受けながらも、政権を運営する厳しい状況での始まりでした。


第二次世界大戦の戦時下であり、ヒトラーが西欧諸国を次々と侵略し、反撃の機運が下がり続ける中、自分の国を守るため、そして、西欧諸国の秩序を回復するために優先しないといけないことは何か。


大きな犠牲に出ることも承知で作戦を立案し、遂行する指示を出すことすら 厭わなかったウィンストンの生き様には、「何を大切にするか?」という考え方がはっきりと表れているのでした。


もしも、あなただったらどうするか?


そんな自身への置き換えをしながら考えてみると、 ウィンストンの考え方がより自分のものになるかもしれませんよ。


また、本作ではウィンストンを支えるパートナーの姿も印象的に描かれています。


なぜ、ウィンストンは重大な決断を重ね、行動し続けることができたのか?


あなたの疑問に答えてくれる作品だと思います。

ぜひ、ご覧になって、考えてみてくださいね!


3.最後に

私たち映画で語るキャリア塾では、 映画を介して”世界”を、”未来”を、そして”自分”を語り合う場を通して、 自身のやりたいこと、できること、興味のあることの幅を知って、 気づいて、拡げていくサポートをしています。


映画をご覧になられた方はぜひ、私たちに感想をお寄せくださいませ。


また、一緒に語ってみたい方は、2回目まで500円で参加できるキャンペーンも実施しております。

ぜひこの機会にご参加くださいね。


なお、次回の映画で語る題材作品は、 「イン・ザ・ハイツ」というアメリカ、ニューヨークを舞台に移り住んできた人たちの町の人と町の姿を描いたミュージカル作品となっています。


語る日程は 2023年1月12日(木)20時~22時までとなっています。


・映画を観るのが好きな方。 ・楽しく学ぶことを習慣にしたい方 ・自身の生き方、考え方、働き方を広げたい方


1つでも当てはまる方はぜひご参加くださいね。


(お申込みは以下のリンクより「体験申し込み」のボタンをポチ!)https://www.eigadecareer.online/plans-pricing


それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Kommentare


bottom of page