人に優しくなれる方法とは?(映画 ペイ・フォワードから学ぶ)

人に優しいことをされたら、

あなたもまた、誰かに優しいことをしてあげなさい。

そうすれば、みんなが優しくなっていくことができるはずだから。


そんな風に教えられたけれど、 現実はそんなに甘くないよ。


人は、他人のことを考えるよりも 自分のことで精一杯だから、難しいよね。


もし、そんな風に考えておられる方がいらっしゃったら、 今回の映画はとてもおすすめです。


何も持たない少年が考えた1つのアイデアと行動が、 めぐりめぐって多くの人を動かし、 変化をもたらしていった物語。


何かを持ってから人の力になるのではなく、 誰もが、人の力になることができる。


そんな優しさにあふれた世界を実現した先にある 世界を見せてくれる作品です。


もっと人に優しくありたいけれど、なかなかできない方 ・自分のことばかり優先してしまいがちでもやもやしている方 ・誰かのためにもっと力になりたいと願っている方


今回ご紹介する映画と考える視点を参考にして、 映画で学んでみてくださいね。


1.映画 ペイフォワード あらすじは?

中学校1年生になった主人公の少年。


彼の父はアルコール中毒に加え放浪生活でろくに帰らず、 たまに帰ってきても家に暴力をふるう。


そんな母もアルコール中毒に苦しみ、 何とかしようとしているがうまくいかない。


そんな彼が属するクラスで、社会科のシモネット先生から 「世界をよりよくする方法とは?そして自分にできることとは?」 という課題が出される。


そんな課題に対し、主人公の少年が 思い浮かんだのは「ペイ・フォワード」だった。


3人の人に親切をする。 その3人は別の人に親切を渡す。

そうすれば世界に親切の連鎖が広がるはずだ。


中学1年生になった少年が考えた このアイデアは本当に実現し、広がっていくのか。


現在AmazonPrimeにて視聴が可能な作品です! http://www.amazon.co.jp/dp/B00GM44H84


2.人に優しくなれる方法とは?

自分にできる事なんて、大したことはない。


もし、そう考えておられる方がいらっしゃれば、 この映画で主人公が取り組む姿にぜひ注目して観てください。


主人公は、アイデアの発起人であり、 一人の中学生として、自分にはできるけれど、 相手の人ができないことを実践し続けるのでした。


そして、自分にはできないことを 力を借りて抜け出すきっかけをもらった人たちは、 自身の課題と向き合い、乗り越えていこうと必死に 努力していく。


さらに、身近にいる助けを必要としている 人の力になることでできないことを支える。


そんな優しさの輪が広がっていく様子が描かれていました。


もちろん、支えてもらった人たちの全員が、 すぐに変わったわけではありません。


けれど、一度受けた優しさが心に深く刻まれ、 以前とは違う何かを持っていることは、 確実に変化を生んでいました。


人に優しくありたいけれど、なかなかできていないという方

自分のことばかり優先してしまいがちな方は この映画を通して、 「あなたが受けてきた優しさは?」 という問いを立て、振り返ってみると良いでしょう。


色々な思い出の中に、自身が支えられてきた瞬間が。

そして、人を支えてきた瞬間を思い出すきっかけがあると思います。


また、誰かのためにもっと力になりたい!と考えている方へは 「ペイ・フォワード」を実践する上で大切なことは何か? という問いを立てて、映画を観ると良いでしょう。


優しさを受け取った人たちが、 どんな風に感じ、実践を次に繋いでいこうとしていたのか。


その思いの背景を考えてみることは、 あなたが支える全ての人たちとの関わりを 考え直すいいきっかけになるはずです。


ぜひ、参考にしてみてくださいね。


3.最後に

僕は、色々な人に支えられて今がある。

たくさん支えてくださった先生に 直接恩返ししたい思いはある。


けれど、今関わってくれる 多くの人たちの力になりたい。

そうすれば、優しさの輪は広がっていくはずだから。


そんな思いを持って、 僕自身は映画で学んできたこと。

先生から学んできたことをアウトプットし続けているのかなぁ。


ふと、そんな温かい感覚を抱いていました。


きっとこのブログを読んでくださった、 あなたの中にも「優しさの芽」はたくさん育っていると思います。


それをどう開花させていくのか。

そのヒントが、この映画との出会いの中にありますように。


なお、私たち映画で語るキャリア塾では、 映画を介して”世界”を、”未来”を、そして”自分自身”を 知って、気づいて、拡げていく。


そんな感覚を通して、 イキイキワクワクできる生き方を応援しています。


3週間に1度映画で語る習慣を持つことで、 イキイキワクワクを実現していきたい方は、 「映画で語るワークライフスタイル講座」を。


自身の関心事を個人的に相談する中で、 イキイキワクワクを実現していきたい方には、 「映画deコーチング」をご提案させていただいています。


映画で語り、学びあう時間にご興味のある方は、 2回目まで500円で参加できるキャンペーンも実施しております。


次回は11月2日(水)20時~22時 映画 ニーゼと光のアトリエを題材に語り合います。


ぜひ、この機会にご参加くださいね! (詳細は以下のリンクからどうぞ!) https://www.eigadecareer.online/work-life-style


それではまた!