あなたの「モノ」との付き合い方は?(映画365日のシンプルライフより)



今、自分の家には、いくつの「モノ」に囲まれていますか?


自分自身の「モノ」はいくつありますか?


1年間に触れている「モノ」はどれだけあるのでしょうか?


私たちがよりよい生活をする上で欠かせない「モノ」

しかし、「モノ」は時として、 不必要なほど所有したり 「モノ」を買うお金に溺れてしまうことも 引き起こしてしまう。


逆に、もう要らなくなったのだけれど、 もったいないから置いておこう。


そんな「モノ」との付き合い方をしておられる方も 多いのではないでしょうか。

こんな風に書いている私自身もまた、 もったいない。という言葉で、モノが増えている1人です。


モノが収まらなくなったから、 より大きなハコ(家)へ移ろう。


これを繰り返していると、 所有する「モノ」には際限がなくなりませんね。


そんな方にはぜひ、 今回ご紹介する映画 365日のシンプルライフを ご覧になってみてください。


全てのものを倉庫に預け、 1日1つしか取り出してはいけないルールで生活した 1人の男の物語から、「モノ」との付き合い方を考えてみましょう。


1.映画 365日のシンプルライフ あらすじは?

恋人に別れを告げられ、男は意気消沈していた。

モテるために購入したあらゆるモノを見て、むなしさを感じる男。


そんな男は、モノに囲まれた生活に嫌気が

さしてきていたのだった。


そこで、ある日、全てのモノを倉庫に預け、 1日1つずつしか取り出すことができない。


お金を使って、モノを購入するのも禁止。

家族や知人から食べ物をもらう、おごってもらうことはOK。

という生活を1年間続けてみれば、何かが分かるかもしれない。


そんな思い付きのような実験を実行に移すのだった。


1日目。空っぽの部屋で素っ裸でスタートしたこの企画は、 1年後、どんな風に終わりを迎えるのか。


人との付き合い方やモノとの付き合い方が描かれた本作。


現在AmazonPrimeにて視聴が可能です! www.amazon.co.jp/dp/B00MWAMRSE


2.あなたの「モノ」との付き合い方は?

この映画の魅力は何といっても、 主人公の生活を見て、 自分だったらどうするかを追体験しやすいことにあります。


今、お住まいになっている家のものを全て倉庫にいれて、 50個を選ぶとしたら、あなたは何を選びますか?


ふとん、シャツ、下着、、ズボン、靴 机、スマホ、PC、ゲーム、手帳 ペン、椅子、カバン、自転車、マットレス


パッと自分が使いたいな。と思い浮かべたもの だけでも、あっという間に50個なんて超えてしまいそうです。


けれど、100個、200個と考えていくと、 初めこそ、「絶対に必要」と感じていたモノたちが、 「あったほうがいいな」と考えるモノたちになっていく感覚を 感じていました。


主人公が選ぶ「モノ」たち。

もし、あなただったら何を選ぶか?という視点で見てみると、 面白いでしょう。


そして、あなたが主人公のような生活をするなら、 一体何をして過ごすのか。想像してみると良いでしょう。


モノに依らない生活を想像することで、 自身が触れてこなかった世界や、 本当は触れてみたかった世界に触れていくよいきっかけが 掴めるかもしれませんよ。


ぜひ、お試しあれ。


3.最後に

実は、この映画に影響をうけた方々が、 実際に自分に無理のない形で実践されてみた方もいるようですよ。


1本の映画から影響を受け、自身の生き方、在り方を変化させていく。


まさに、映画を介して”世界”を、”未来”を、そして”自分”を 知って、気づいて、拡げていくことそのものだと感じています。


ぜひ、あなたも1本の映画との出会いをきっかけに、 変化のチャンスをつかみ取ってみてくださいね。


映画で語るキャリア塾では、 変わりたい。もっとよい生き方、働き方を実現したい。

そんな強い思いを持つ方を応援しています。


映画で語るワークライフスタイル講座では 3週間に1度、様々な映画を題材に語り合い、 自身の考え方の癖に気付き、日々を変えていくヒントを 分かち合っています。


また、ワークショップを通じて、 やりたい事・大切なこと・できる事を再発見し、 イキイキワクワクを実現していくサポートをしています。


3週間に1度の映画で語る時間と 2度のワークショップを含んで 半年間で29,700円で参加することができます。


また、3週間に1度の映画で語る時間には、 2回目まで500円で参加できるキャンペーンも実施しています。


次回は 10月12日(水)20時~22時まで 映画 最高の人生の見つけ方 を題材に語り合います。


あなたもぜひ、映画で語り、映画で学ぶ時間を楽しんでみてくださいね。

(詳細は以下のリンクからどうぞ!) https://www.eigadecareer.online/work-life-style


最後まで読んでいただきありがとうございました!


それではまた!