【映画で学ぶ】第6回 映画で語る講座を振り返って

人生が手に余る時は唇を丸めろ。

唇を丸め、口笛を吹いて、こう言え。


鶏は卵の運命を知らない。


ひな誕生かそれとも目玉焼きか。誰も将来のことはわからない。


兄弟 うまーくいーく。友ようまーくいーく。


歌って踊る、元気が出る映画 きっとうまくいく を題材に、 2022年8月31日(水)第6回映画で語る講座が開講されました。


映画を介して”世界”を、”未来”を、そして”自分”を語り合う場で どのような話が出てきたのか?


今回も、改めてお伝えしていきますね!


1.映画 きっとうまくいく あらすじは?

毎年40万人もの入学願書が出される超名門大学ICE工科大学 そこに好奇心旺盛で風変わりな青年ランチョーが入学します。


同室になったファルハーンとラージュは、 親からの期待に応え、エンジニアの勉強を積み重ねてきたが、 自分の本当の思いを隠して生きてきたり、

不安な気持ちを押し殺しながら、生きてきたのでした。


学長は、人生は競争であると考える教育者でした。

そんな学長の考え方に対し、ランチョーはぶつかっていきます。


そんなある日、学内で学業のストレスが原因で自殺する事件が起きてしまうのでした。


ランチョーは異端児として、学校にどんな変化をもたらすのか?

学長はランチョーとどのように向き合っていくのか?


そして、親の期待に応えるあまり、自分の気持ちを隠し、 不安に生きていた2人の青年はどのような進路を選ぶのか。


現在AmazonPrimeにて視聴が可能な作品です! (Prime会員は無料で視聴が可能です!)

www.amazon.co.jp/dp/B00ITG5LW4


2.映画 きっとうまくいく を語って見えてきたこと

あなたは人生とはどのようなものだと考えていますか?


学長が言うように、人生は競争であり、 勝つことが大切であると思いますか?


それとも、ランチョーが言うように、 出世や成功ではなく、 学識や優秀さを追究することが大切だと思いますか?


僕自身、この映画で語るまでは、 この2つの考え方は、対立しているもので、 両立させることが難しいものだと感じていました。


しかし、今回この映画を観て、語り合う中で、 この2つの考え方は両立することができるものなのではと 感じる瞬間がありました。


それは、ルールは自分の中でどう捉えるかによるという 気づきがあったからこそでした。


なりふり構わず、成功を追い求める。

そんな時期が必要な時もある。

だが、それだけで走っていると、相手の考え方に 合わせすぎて、自分らしくいることができなくなってしまう。


学識や優秀さを追究する。

そんな時期が必要な時もある。

だが、それだけで走っていると、目の前の生活が、 立ちいかなくなってしまうこともある。


両方がバランスよく活用できれば、 自分らしくありながら、生活も両立させられるのでは。


そう思うと、今の僕に足りないのは、 なりふり構わない感覚かもしれない。


そんな気づきを得ることができたのでした。


ランチョーの言っていることは正しいと思います。

ですが、学長の在り方が、完全に間違っていた ということもできないと思います。


皆さんは、ランチョーと学長の在り方。

どのようにとらえますか?


ぜひ、この映画をご覧になって、考えてみてくださいね!


3.最後に


どんな言葉を語るかは、その人の生き方を表すことにもなる。


今回の映画で語る中で、言霊の力を感じ合う瞬間もありました。


映画では、人生において重要な出来事や 言葉の数々がぎゅっと凝縮されていると感じています。


あなたが、人生に取り入れたい言葉と出会う意味でも。

そして、映画を介して”世界”を”未来”を、そして”自分"を語り合う場を通して、自分のやりたい事・できること・興味のあることの幅を知って気づいて拡げていく意味でも。


映画を楽しみ、映画で学ぶ時間を 一緒に楽しんでいただければ幸いです


映画で語るキャリア塾では、 引き続き、映画で語る講座を開講していきます!

(講座の詳細はこちらからどうぞ!) https://www.eigadecareer.online/work-life-style


第7回の映画は 「決算忠臣蔵」を題材に 「お金の使い方、活かし方」について考えていきます。 (決算忠臣蔵 映画のリンクはこちらからどうぞ!) www.amazon.co.jp/dp/B087QSN9CY


あなたもぜひ1度ご参加くださいね!

それではまた!